ずぼらな家づくり

中古のiSmartを購入しました。購入までに何をしたか、購入後何をしたかの情報発信をできたらと思います

太陽熱調査〜何で流行ってないの?〜

f:id:kidd5566:20211109224951p:plain

どんな記事ですか?

太陽熱について何回かに分けて調査したいと思います.

・なんで流行ってないの?←今回

・投資回収どれくらいでできるの?(自力計算)

・太陽熱温水床暖房ってどうなの?

 

太陽光しか知らない方、太陽熱に興味がある方、太陽光と太陽熱で悩んでいる方は一緒に勉強しましょう!(そして教えてください)

 

なんでいま太陽熱?

 

検討している工務店の中にハイブリッドソーラーハウス(太陽熱温水器+太陽熱温水床暖房)という製品があります。

www.chiryuheater.jp

 

ぱっと読んだ感じだと良さそうなのですが、HPから感じるなんとも言えない怪しさ(失礼)と高レビューしか転がってない奇妙さ(失礼)に不安を感じて、

そもそも太陽熱ってどうなの?ってところを調査しようと思いました。

まずは基本となる太陽熱温水器について調査してみました.

 

 

太陽熱温水器の特徴

・給湯費用が節約できる

画像

第2部 第1章 第2節 部門別エネルギー消費の動向 │ 令和2年度エネルギーに関する年次報告(エネルギー白書2021) HTML版 │ 資源エネルギー庁

住宅の1/4は給湯であり,春から秋にかけては太陽熱で沸かしたお湯が使用できます.

冬は利用できないかというと,沸騰はしないまでも加温されるため,燃料費は節約できます

戸当たり集熱面積約 4 ㎡の設置で、給湯の4割程度を賄うことができるらしいです.

 

・暖房にも利用できる

給湯だけでなく床暖房や浴室暖房などを利用したシステムにも使用可能です.

上述したチリウヒーターのハイブリッドソーラーハウスもそうですが,

各社から似たようなシステムは出ています.

www.chofu.co.jp

 

・変換効率が良いため太陽光と比べ省スペース

f:id:kidd5566:20211109214116p:plain

https://www.tokyo-co2down.jp/assets/action/efforts-renewable/what-taiyo/thermal-guide.pdf

狭小住宅にも設置可能です.

 

※太陽光の導入コストが2021年と比較して高い点に注意 !

経産省によると2021年は28.6万円/kWみたいです.https://www.meti.go.jp/shingikai/santeii/pdf/20210127_1.pdf

 

・日射量に影響される

自然エネルギーなため天気に影響されます.

 

・屋根に負担がかかる

貯水槽と集熱器が一体の場合,屋根に水の負担がかかります.

分離型もありますが,一体型と比べると高価になります.

 

ちなみに,実家に太陽熱温水器があった方もいるかもしれません.古い太陽熱温水器では,自然落下式のものが多く,自分で水で温度調整をしないといけなかったり,思ったよりぬるくて使えなかったりといった経験があるかと思います.(僕がそうでした)

最近は水道直圧式(水道圧給水式)といって,給湯器に接続できるものが多いため使い勝手に関してはものすごく向上しています

 

 

ここまで見てみると,割とよさそうな設備に見えます.

また,ここでは取り上げませんでしたが耐用年数も15~20年と太陽光と比べて遜色ありません

 

ではなぜ流行っていないのでしょうか…?

その謎を解明するため、我々調査隊はアマゾンの奥地へと向かった――

 

なんで太陽熱は流行っていないのか

 

このテーマは,太陽熱の研究をしている方々にとっても注目の話題であったようで,どんぴしゃの文献がいくつか見つかりました.

 

その中からいくつか紹介します・

 

文献①太陽熱温水器の普及はなぜ停滞しているのか

※H20年の文献なことに注意!ただ,あまり状況は変わっていないように見える

リーフレットに要約があるのですが,以下の4つを理由としています.

f:id:kidd5566:20211109220226p:plain

f:id:kidd5566:20211109220256p:plain

②に関しては解消されていますが,それ以外の要因は2021年現在でも変わっていないと思われます.
※投資回収に関しては次回検証しようと思います.

 

文献②太陽熱温水器に対するユーザ意識のアンケート調査および選好特性の推定

(2008年)

太陽熱温水器関心ありと答えた人の理由の順位ですが

第一位 光熱費の削減

第二位 地球温暖化防止

第三位 非常時の温水供給

でした.一位二位が太陽光発電と要素がかぶっていることがわかります.

 

関心なしと答えた人の理由ですが

第一位 設備費が高い

第二位 太陽熱温水器を知らない

第三位 その他

 

設備費が高いのは問題ですが二番目の知らないっていうのも結構問題ですね…

 

投資可能金額の回答は

平均値:1.6万円

標準偏差:12.7万円

多くの人が買う気がないことが分かります.

 

計算モデルによって求められる

消費者の希望投資回収年数は

希望投資回収年数:3年

となりました.

 

ざっくりまとめると投資回収性が悪いため普及していない

言えるかと思います.

 

文献③再生可能エネルギー熱利用分野の技術戦略策定に向けて

(2021/2)

 

・コストと投資回収性

「現状(2021/2)太陽熱利用機器の低コスト化は進んでいない」と書いてあります.

また工事費に関しては、工事をこなせる人材の不足や工事標準が未確立といったことが原因で、低コスト化が進まないそうです

さらに「投資回収も大体の場合で10年以上」と書いてあり太陽光発電に関する投資回収性に対して競争力を持つ水準となっていない」ことが問題とあげられています.

f:id:kidd5566:20211109223001p:plain

 

・需要と供給のミスマッチ

これは僕も思っていたのですが,「昼に湯を沸かすけど欲しいのは夜」「夏の供給エネルギーが高いけれど湯が欲しいのは冬」というミスマッチになります.

これにより「冬季の熱需要にあわせて太陽熱利用システムを設計してしまうと、夏季の無駄が大きなシステムとなる。」

というのが問題になります.

f:id:kidd5566:20211109223237p:plain

 

また,この資料には課題のまとめと対策もあります.

f:id:kidd5566:20211109223324p:plain

ここで僕が感じた課題は,これらの対策が一切進んでいなさそうということです

開発リソースの多くは太陽光にとられており,太陽熱は技術革新が進んでいなさそうに見えます.また,普及も進んでいないためスケールメリットによるコスト低減も見込めません.

※反論データを心からお待ちしております.

 

文献④再生可能エネルギー熱利用の導入拡大方策の調査

H30

f:id:kidd5566:20211112203035p:plain

・使い勝手を良くしようとするとコストが上がる

追い炊き機能や,お風呂以外での太陽熱の利用を行おうと思うと,イニシャルコストがかかります.

 

・熱量計が高額

正確に効果を図るための熱量計が約十万程度と高額です.

 

ここからは,様々な投資回収のシミュレーションを載せてみます.

f:id:kidd5566:20211109223815p:plain

https://www.akitakata.jp/akitakata-media/filer_public/c5/4c/c54c5320-e203-4de3-8f6d-de5f9fda69e2/54.pdf

 

f:id:kidd5566:20211109224047p:plain

https://www.kankyo.metro.tokyo.lg.jp/climate/renewable_energy/ne2/taiyonetu/sunrise/h27saienekatsuyou.files/H27_kyutokenshiseminar_taiyounetsu.pdf

 

f:id:kidd5566:20211109224324p:plain

https://www.tokyo-co2down.jp/wp-content/uploads/2021/02/171018re-seminar04.pdf

f:id:kidd5566:20211109224500p:plain

f:id:kidd5566:20211109224518p:plain

 

メンテナンス費(交換費・点検費)なしのシミュレーションなのに投資回収年数が遅すぎない!??

 

 

まとめ

ここまでみると製品の耐久性や使い勝手に問題はなく投資回収に難点があることが普及していない原因ということが分かりました.

ただ,少しだけ希望がありシミュレーションの内訳が書いていないものやLPガスの値段が現在の半額以下のシミュレーションもあります.

次回は2021年現在の条件でシミュレーションし,太陽熱温水器に希望がないかを見ていきます.(ただ,導入費とかメンテ費の最新の情報があまりないため難航中…情報お待ちしております…)